最近の質屋

質屋は、物を担保にしてお金を借りるところですが、今はお金を借りるだけでなく、別の活用法が注目されています。

それは質屋がブランド品を高く買い取り、それを安く販売するという古物業としての質屋が多くなってきたのです。

今は、物がたくさん溢れている時代ですので、時計、カバン、宝石などいいものが出たら買い換えるという時代になってきました。

それで質屋はお金を借りる所から、ブランド品を売ってお金を得るところに変ってきました。

そして別のお客さんが、質屋でブランド品を買うのです。

昔から質屋や鑑識眼が高く、偽物は扱わないという信用があります。

質屋にあるものは、皆本物だということです。

それで安心してお客さんが低価格でブランド物を買うことができるというわけです。

では質屋では一体どんなものが取り扱われているのでしょうか?まずブランドとして、ルイヴィトン、エルメス、グッチ、カルティエ、シャネル、ティファニー、ブルガリの、バックや財布、小物、時計、ジュエリーなどは買取にしても販売にしても人気があります。

もし、箱、ケース、保証書を一緒に質屋に売りに出すなら、高額査定されることでしょう。

宝飾品なら、ダイヤモンド、エメラルド、ルビー、サファイア、真珠、アレキサンドライト、キャッツアイなどです。

これも鑑定書や鑑別書を一緒に査定に出しましょう。

家電についてですが、テレビ、ビデオ、デジカメ、カーナビは、5年以内のものなら取り扱ってくれる質屋が多いです。

取扱説明書、コードがないと査定額は低くなります。